FC2ブログ

ドイツの駆逐戦車を描く その17 ヤークトパンサー その8の3 スケッチの塗り

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型をスケッチ その1
1枚目、タミヤのMMシリーズを組む その76で組んだ駆逐戦車ヤークトパンサーの写真のスケッチを塗った
昨日の記事の続きで
今日はさにCLIP STUDIO PAINTで塗り進めました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型のプラモの写真
2枚目、1枚目に使った写真になります。

塗りもやらないとまずいので
昨日の記事の続きでヤークトパンサーのスケッチの
塗りの続きをやりました。
足周りがちゃんとスケッチ出来ていないので
それを土台に塗ってもなかなか上手くは行きません。
塗りは引き続きやりたいと思います。
ちょっと早いですが今日はこれで終わり。

ソ連のT-34派生型のSU-122、SU-85、SU-100自走砲を描く その17 SU-122 その2 スケッチ

SU-122自走砲のプラモの写真をスケッチをベタ塗り
1枚目、タミヤのMMシリーズを組む その44で組んだSU-122の写真をスケッチしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.111 ソ連軍 SU-122 襲撃砲戦車の写真
2枚目、1枚目に使った写真になります。

という訳で描いた絵のファイルの多さをソ連車両で調べたら
このSU-122が少なかったので今日は
ソ連軍 SU-122自走砲の写真をスケッチしました。
余り描いていない車両をどんどんスケッチして行くということで
形はある程度取れたので次に行きます。
次もまた違う国の車両をスケッチしようと思いました。
少し違うことをやろうと思います。

ドイツの駆逐戦車を描く その19 ヘッツアー その3 スケッチ

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.285 ドイツ駆逐戦車 ヘッツアー 中期生産型をスケッチ その1
1枚目、タミヤのMMシリーズを組む その75で組んだ駆逐戦車ヘッツアーを写真に撮った物を
CLIP STUDIO PAINTでスケッチしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.285 ドイツ駆逐戦車 ヘッツアー 中期生産型のプラモの写真
2枚目、1枚目に使った写真になります。

今回シルエットを取ってシルエットの内部を描きこんでいく過程で
そんなにシルエットを修正しなかったので
それはよかったと思います。

それで今日はせっかくプラモを組んだのに
あんまりスケッチに活用していないプラモを中心に
スケッチをして行き描く上での取っ掛かりを作ることを
主眼としてやりたいと思います。
それでドイツのヘッツアーをスケッチしたので
次は違う国の車両にしたいと思いました。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その83 No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2 サイドスカートの接着とコーディングシートの貼り付け

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その1
1枚目、昨日の記事に続いてタミヤのドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)を組んで行きます。
サイドスカートの接着とコーディングシートの切り出し、貼付けを行いました。
写真は車体側面です。コーディングシートには
装備品をはめる用の穴が指定されていますが
ちゃんと合わせるのは面倒なので。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2
2枚目、表側からピンバイスで穴を開けて
コーディングシートを貼り付けてから
裏側からまたピンバイスで穴を開けることで
装備品をはめる穴をコーディングシート上に作ります。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その3
3枚目、今回組んだ分です。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その4
4枚目、車体後方から撮りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その5
5枚目、今回切り出したコーディングシートです。

という訳で今日はタミヤのキングタイガー(ポルシェ砲塔)を組みました。
コーディングシートは貼り終えました。
今日は余りスケッチしていない組み立てたプラモを選んで
CLIP STUDIO PAINTでスケッチして行きたいと思います。

ドイツの駆逐戦車を描く その18 エレファント その3 プラモのスケッチ

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.325 ドイツ駆逐戦車 エレファントをスケッチ その1
1枚目、タミヤのMMシリーズを組む その8で組んだ重駆逐戦車エレファントを撮った写真を
CLIP STUDIO PAINTでスケッチしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.325 ドイツ駆逐戦車 エレファントのプラモの写真
2枚目、1枚目に使った写真になります。

という訳でドイツ軍重駆逐戦車のエレファントの
プラモの写真をスケッチしました。
東部戦線、イタリア戦線等で結構戦っていたようなので
押さえておくべき重駆逐戦車だと思います。

組んだ車両の写真を使ったスケッチも
車両によってはかなり量が違うので
その辺を補うのと出来れば直視してのスケッチもやりたいと思います。
こんなところで今日はこれで終わり。

ドイツの駆逐戦車を描く その17 ヤークトパンサー その8の2 プラモのスケッチの塗り

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型をスケッチ その1
1枚目、タミヤのMMシリーズを組む その76で組んだ駆逐戦車ヤークトパンサーの前に撮った写真を
今年5月の記事でスケッチして
それを今日はCLIP STUDIO PAINTで塗りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.203 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー 後期型のプラモの写真
2枚目、1枚目に使った写真になります。

という訳でプラモの写真のスケッチを塗りました。
今回少し発見がありました。

今まで車両等を塗る時に
全面に渡って同じ方法で処理しようとしていましたが
よくよく考えればここは線画ありきで塗って、
ここはマスク切って塗り分けて
ここは乗算使って陰影を入れると
部分部分で使い分ければよかったんだと今さら思いました。

後、色もかなり前に知っていたはずで最近忘れていましたが
色がどう見えるのかは周辺の色にかなり左右されてしまうので
空は青色、肌は肌色みたいな塗りをしていると
あんまり自然に見える塗りが出来ないのだと思います。
今回それを思い出せたのはよかったと思いました。
今日はもう1記事ぐらい書いて終わりにしようと思います。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その83 No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2 足周りの組み立てとコーディングシートの貼り付け

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その1
1枚目、昨日の記事に続いてタミヤのドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)を組んで行きます。
今日は起動輪、転輪、誘導輪と言った足周りを組み立てて
車体後部にコーディングシートを切り出して貼りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2
2枚目、右側面からも撮りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その3
3枚目、今回切り出したコーディングシートです。

という訳でタミヤのキングタイガー(ポルシェ砲塔)を組みました。
今後組んで行けるといいと思います。
今日はメカの塗りだったりをやりたいと思いました。

ケーニヒスティーガー戦車を描く その11 プラモの写真をスケッチする

ケーニヒスティーガー戦車 スケッチ
1枚目、タミヤのMMシリーズを組む その83で組んだ
ケーニヒスティーガーの写真をスケッチしました。

ケーニヒスティーガー戦車 プラモの写真
2枚目、1枚目に使った写真になります。

シルエットを取った後で結構修正が必要で
それでも寸詰まりになってしまい
もっと的確にシルエットを取れるようになりたいと思いました。
こんなところで今日はこれで終わり。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その83 No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その1 砲塔の組み立てとコーディングシートの貼り付け

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その1
1枚目、今日からタミヤのドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)を組んで行きます。
今日は砲塔の組み立てとツィメトリコーティングとして
タミヤのコーディングシートの切り出しと貼り付けを行いました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その2
2枚目、後方からも撮りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No.169 ドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔) その3
3枚目、今回切り出したコーディングシートです。

という訳で今日はドイツ 重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)を組みました。
この重戦車キングタイガー(ポルシェ砲塔)用のタミヤの
コーディングシートはちょっと凹凸が浅いんじゃないかと思いますが
何事もやってみてということで本塗装までは
サフ吹きなどで凹凸が埋まらないようにしたいと思いました。
今日の夜はミリタリーなメカをやりたいと思います。

ドイツの駆逐戦車を描く その16 フェルディナント その1 組み立て途中のプラモをスケッチ

ドラゴンのプラモ  DR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車をスケッチ その1
1枚目、ドラゴンのプラモを組む その10で組んだ重駆逐戦車フェルディナントを撮った写真を
CLIP STUDIO PAINTでスケッチしました。

ドラゴンのプラモ  DR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車をスケッチ その2
2枚目、違う写真をスケッチしました。

ドラゴンのプラモ  DR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車をスケッチ その3
3枚目、右側面から。

ドラゴンのプラモ  DR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車をスケッチ その4
4枚目、1枚目は少し時間をかけてスケッチしました。

ドラゴンのプラモ  DR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車のプラモの写真、その1
5,1、4枚目に使った写真になります

ドラゴンのプラモ  DR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車のプラモの写真、その2
6,2枚目に使った写真になります

ドラゴンのプラモ  DR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車のプラモの写真、その3
7,3枚目に使った写真になります

せっかくプラモを組んでいるので今日はそれを使いました。
時間が短くても正確にスケッチ出来るようにしたいと思います。
今日はこれで終わり。

ドラゴンのプラモを組み立ててメカを描く練習 その10 DR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車 その1 車体の仮組みと足周りの組み立て

ドラゴンのDR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車 その1
1枚目、ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車のキットが手に入ったということで
今日はドラゴンのドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車を組み始めました。
まずは車体を仮組みしました。そんなに合いは悪くないです。

ドラゴンのDR6133 ドイツ軍 フェルディナント 重駆逐戦車 その2
2枚目、今日は足周りも組みました。

という訳でドラゴンのフェルディナントを組みました。
今後組んで行けるといいと思います。
夜はミリタリーなメカをやりたいと思いました。

大祖国戦争でのソ連の漫画 その3の14,3の15 ラフ

漫画のラフ その1
今日はソ連赤軍兵士のカテゴリーで描いている漫画のラフを描こうということで
その3の14に当たる漫画のラフです。
最後のコマのセリフは冗長すぎるので
今後修正したいと思います。

漫画のラフ その2
2枚目、その3の15に当たる漫画のラフです。

クルスクの戦いについて調べたり本を読んだのが
結構前のなので忘れていることが多く
この漫画的にその3の15の最後のコマで
どう説明してつないで行けばいいのか分からずになってしまいました。
少し本を読み直して学びたいと思います。
今日はこれで終わり。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その35 No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その19 車体をクレオスのウェザリングカラーでウォッシングする

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その1
1枚目、三日前の記事の続きでクレオスのウェザリングカラーのマルチブラックとステインブラウンを混ぜて
あんまり薄めずに車体のウォッシングを行いました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その2
2枚目、後方からも撮りました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ  No177 ドイツ軍 38cm臼砲 シュトルムティーガー その3
3枚目、ちょい俯瞰で。

という訳でいつもはウェザリングカラーの
マルチブラックとグランドブラウンを混ぜて
ウォッシングしてましたが
今回はマルチブラックとステインブラウンを混ぜて
濃い目に溶いてウォッシングをやりました。

ウォッシングでかなり色味が落ちるのですが
それを想定して明るめに塗るよりも
塗装の段階で想定の色に近く塗って
ウォッシングではほんの少し色味が落ちるぐらいの方が
いいのかと少し思いました。
今日は水曜日ということで何か違うことをやりたいと思います。

ソ連のSU-152、JSU-152重自走砲を描く その13 JSU-152 その8 戦場写真から模写

JSU-152重自走砲の戦場写真を模写
戦場写真からJSU-152をスケッチしました。

塗りもやろうということで
今日はJSU-152の戦場写真をスケッチして塗りました。
なかなか元の戦場写真の感じを出せません。
一日でやるならもっとスケッチする範囲を絞っても
いいかもしれないと少し思いました。
こんなところで今日はこれで終わり。

タミヤのMMシリーズを組み立ててメカを描く練習 その80 No.350 アメリカ M10 駆逐戦車(中期型) その16 戦車後部の装備品を筆塗りする

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.350 アメリカ M10 駆逐戦車(中期型) その1
1枚目、先月の記事の続きでM10駆逐戦車の車体の後部の装備品を筆塗りしました。

タミヤのミリタリーミニチュアシリーズ No.350 アメリカ M10 駆逐戦車(中期型) その2
2枚目、兵士のフィギュアと砲塔も後ろから撮りました。

という訳でM10駆逐戦車を塗装しました。
後はドライブラシ等出来ればと思います。
夜は兵器や人に描線で描き込みをやりたいと思いっています。

WW2の戦闘機、攻撃機を描く その6 アメリカ空軍 その4 F4U-1D コルセア攻撃機 プラモの写真のスケッチを描き込む

タミヤの傑作機シリーズ No.061 アメリカ軍 F4U-1D コルセアのスケッチに描き込む
1枚目、タミヤの傑作機を組む その4で組んだF4U-1Dコルセアのプラモの写真を
去年5月の記事でスケッチした絵に
線を追加して描き込みました。

タミヤの傑作機シリーズ No.061 アメリカ軍 F4U-1D コルセア スケッチ
2枚目、6枚目をCLIP STUDIO PAINTでスケッチしました。

という訳で線を描きこんで立体感や質感を出すのが
上手く出来ないということで
今日は昔描いた攻撃機のスケッチに
描き込みを追加しました。

ちょっと面に沿ってきれいに線を引けていないので
出来るだけ面に沿って正確に線を引いて行けるように
したいと思います。
- そんなところで今日はこれで終わり。

プロフィール

管理人

Author:管理人
ミリタリーな絵や漫画を描けるようになるためにミリタリーなプラモ等を通じて絵の地力を上げたいと思っているこのブログの管理人です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
Lc.ツリーカテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
にほんブログ村 イラスト練習ランキング参加中
スポンサードリンク